女性AGAの治療法

AGAは、男性型脱毛症のことですが、実際女性でもこうした脱毛に悩まされることがありますね。これを女性型AGA、FAGAといいます。頭全体の髪が薄くなってきて、頭の広い範囲で脱毛が起こってきます。ですから女性型脱毛症は、男性のように生え際から抜けてくるのではなくだんだん地肌が透けてくる感じで広い範囲で抜け毛が目立つようになります。

この女性型AGAですが、近年ますます増えてきています。女性ホルモンの減少によって、体内のホルモンバランスが崩れてくるのです。女性ホルモンは発毛促進のシグナルを出して発毛を促す役割をしているのですが、加齢によってこの働きが弱まると、どんどん髪が発育しなくなり、薄毛が起こってくるのです。

女性の場合もホルモン由来の原因ではなくて、ストレスや極端なダイエット、そして薬、とくに経口避妊薬やヘアケア、そして髪を縛ることによってその部分の髪が薄くなってくる、頭皮のフケや脂によって毛穴が圧迫されたり、その他生活習慣でも起こって来ることがあるので、まずは男性型脱毛症と同じく、原因の特定と適切な治療が必要になってくるでしょう。また、女性はフィナステリド系のAGA治療はできません。触れることもダメですからとくに妊娠中は気をつけてください。詳しくは病院で相談してください。