AGAではないが、似たような症状

AGAのように、男性ホルモンが関係する脱毛、薄毛の他に、症状は似ているけれどもAGAではない他の脱毛症状もあるので、一応確認しておきましょう。まずは円形脱毛症がありますが、これは頭の頭頂部や各部分に円形、卵形、コイン大の脱毛部分が表れる症状ですが、自己免疫機能と深い関わりがあると言われていて、その点原因は異なっています。数ヶ月くらい続く症状です。

また粃糠性脱毛症、脂漏性脱毛症などは、フケが増えたり、抜け毛が増える症状であるものの、その原因はフケが増え、毛穴が詰まってしまうことや、皮脂が多くその脂が毛穴に詰まって髪の成長を阻害してしまうことにあります。

また、機械性脱毛症は、継続的に髪を縛ったり、引っ張ったりする状態が続くと髪に負担がかかり、髪の額などがどんどん後退していきます。抜毛症といって、精神的なストレス状態で髪をついつい抜いてしまう症状も脱毛の原因になります。また最後に、病気で薬を使うと、その副作用で髪が抜けてしまうことがあります。これも脱毛、薄毛の重要な理由の一つです。病院で説明を受ける筈です。

このように、症状は非常に似ているものの、原因はAGAとは異なっているものが沢山ありますのでまずは原因の究明をしてから正しい治療を始めるのがいいかと思います。AGAではないのに、AGAの治療をしていては意味がないし、体のダメージになってしまうことがあります。