病院で相談できるメリット

きちんとした臨床結果がでている薬剤があるなら、わざわざ高いお金を払って医療機関、病院にいって医療する必要もないかと考えてしまいます。でもまずはAGAであるかどうかの診断をしないといけません。AGAの診断をするAGA
遺伝子診断キットというのも通信販売で入手できるので、自分の脱毛、薄毛の原因を自分一人で特定できるという便利なものも実は通信販売で揃っています。

もし自分の脱毛の原因が円形脱毛症や頭皮のフケ、頭皮分泌の過剰など、他の原因によるものだった場合、AGAの治療薬は効きません。その診断も自分でできるとなったら、病院で診断してもらう、治療方針を聞く必要もないかと考えてしまいます。

ただし、自己判断で輸入薬を購入、服用したり、いままでどのようなサプリメントや処方箋を飲んでいたか、または病歴なども考慮しないでいきなりAGA治療薬を飲んでしまうのは問題があります。とくにミノキシジル系のものは副作用もあるし、プロペシアなどは取り扱い上の注意があるからです。

いままでの病歴や体質、生活習慣にあった処方薬を病院で処方してもらうことで。副作用のすくないもの、また家族に危険が及ばないような処方をしてもらう事も可能です。とくに妊娠中、または子供を作る際には控えたほうがいいと言われる成分も含む場合があるので、よく医師と相談してから服用薬を決めましょう。